HOMENSA高等学院の特徴NSA学院の考える教育

NSA学院の考える教育

NSA学院の考える教育

ひとり、ひとりへ。ともに。 持って生まれたものも育った環境も、みんな違う。だから新しいことに取り組んだり、何かを考えたりするやり方もテンポも、違ってあたりまえ。そんなあたりまえを、何よりも大切にする学びの場でありたい。みんな違うことが、それぞれの存在を尊いものにしているのだから。わたしたちの教育は、まずあなたをよく知るところから始まります。あなたらしく過ごせる毎日を、そして未来を、いっしょに見つけ、歩んでいけたらと願っています。

学校という枠の中で受けられる教育には限界があると考えています。
なぜなら、学校教育が画一授業という形態である以上、他の子どもと同じスピードで課題をこなしたり、知識を習得できない場合、否応なく切り捨てられてしまう可能性をもっているからです。
しかし、多くの子どもたちにとって知識や技能を幅広く学ぶことのできる場は学校に限られています。
いずれ社会の中で何かの仕事を見つけ、大人として生き、生活していくことができるようになるため、それぞれにふさわしい知識と技能を身につけるために行くのが学校です。
教科書や教材はそれを助けるための道具であって、これが子どもたちを切り捨て、振り分けるための道具になってしまってはいけないと考えます。

みんなが同じことをすることが平等な教育とは考えません

生徒ひとりひとりの教育プラン

将来の夢を持ち、その実現のために資格や検定などの取得を目指す人、自己の才能・長所を発見し、磨いて、より高めたい人、さらに、中学校や高校で不登校になった人や、中学卒業後に高校へ進学しなかった人、自分のペースで勉強したい人など、さまざまな事情を抱えた 人を、広く受け入れています。

教育理念と教育ビジョン

NSA高等学院は次のような教育理念の基、生徒たちに常に全力で向き合っていきます。

教育理念・教育ビジョン

NSAの教育スタイルはこちら

NSA学院の考える教育

PAGE TOP